駒込 丸山歯科医院
トップページ最新のお知らせコンセプト診療内容クリニック案内スタッフ紹介アクセス

歯周病・歯槽膿漏(しそうのうろう)


歯周病は成人の80%がかかっており、歯の抜ける原因第一位の病気です。

歯周病は、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)が原因で起こる病気です。

歯垢はお口の中の細菌の塊(バイオフィオフィルム)で、食べカスを栄養源として毒素を出します。その毒素が歯肉や歯を支える(歯槽骨)などを破壊していきます。

プラークはブラッシングにより除去できますが、実際にはどんなに上手に磨くことができる人でも、60〜80%程度しか除去できません。

残ったプラークが唾液に含まれるカルシウムと結合することにより、歯石ができます。歯石は歯ブラシでは除去できず、表面がザラザラしているため、プラークがさらにつきやすくなります。

また、歯石の下は歯周病菌が繁殖し、いわゆる歯周病菌の巣ができます。

これにより、磨いても歯周病が進行してしまうのです。



歯周病・歯槽膿漏1 健康な歯肉 1. 健康な歯肉

歯肉に炎症のない状態です。
プラークが付着したままになると歯肉炎へと移行します。


歯周病・歯槽膿漏2 歯肉炎 2. 歯肉炎 

歯垢が歯や歯肉にたまり、歯肉の表面が炎症を起こします。歯肉の炎症だけで、歯槽骨の吸収はありません。
スケーリング(歯石やプラークの除去)やブラッシングで改善します。
小学生でも半数近くは歯肉炎の傾向があります。 


歯周病・歯槽膿漏3 歯周炎(軽度〜中等度) 3. 歯周炎(軽度〜中等度) 

細菌がポケットから侵入し歯肉の中まで破壊して、歯周炎が始まります。歯肉の炎症だけでなく、歯槽骨が吸収をはじめます。
スケーリングだけではなく、SRP(麻酔下での深部の清掃)や外科手術が必要になります。
成人の80%がここに含まれ、治療を行わない限り改善はしません。


歯周病・歯槽膿漏4 歯周病(重度) 4. 歯周病(重度) 

歯はグラグラし、保存する事が困難になります。歯槽骨が徐々に溶け出し歯を支えられなくなり、最後は歯が抜けてしまいます。
ここまで放っておくと、歯槽骨の吸収が激しく、義歯では快適な生活を送ることができません。また、インプラントをする際にも制約がでてきます。



歯周病を予防するには

歯周病は治らない病気と言われていますが、予防は可能です。
正しいプラークコントロール(ブラッシング方法)を身につけて毎日、口腔環境を清潔に保つことが必要です。
それに加えて、定期的な検診および歯科医院での機械的清掃により、歯周病の悪化、治療後の再発を予防することができます。



精密入れ歯

目立たない入れ歯

インプラント

インプラント+入れ歯

歯周病・歯槽膿漏

虫歯の治療

妊娠中の歯科治療

小児外科

口腔外科

インビザライン

審美歯科

ホワイトニング

歯のクリーニング

マウスガード・マウスピース

訪問診療