駒込 丸山歯科医院
トップページ最新のお知らせコンセプト診療内容クリニック案内スタッフ紹介アクセス

虫歯の治療



できるだけ痛みを感じない治療

歯医者さんはなぜ、そこまで 「怖い、痛い」 と思われているのでしょうか?

従来の歯医者さんに行くと、ウイーン、ガー、キーンッという痛そうな歯を削る音がして、その音がイメージする通りに、「痛かった」から、なのでしょう。

しかし、丸山歯科医院の歯科治療は、

「できるだけ痛みを感じないような治療」

を、すすめておりますのでご安心下さい。


また、「なるべく歯を削らない虫歯治療」についてをお話しようと思います。

そこでまず、歯についてお話させていただきたいと思います。

歯は、硬いエナメル質と柔らかい象牙質の2層構造になっています。
そして歯は歯肉の下の歯槽骨によって支えられています。
象牙質の中には歯髄(=神経)があります。


そして、むし歯は歯の表面のエナメル質から発生します。実際に眼で見てわかることは僅かですが、顕微鏡で見ると象牙質の奥深くまで侵蝕していることがあります。

できてしまった虫歯はほうっておいても良くはなりません。

ですので、どなたでも虫歯になれば歯科医院に行き治療をするでしょう。そして歯科医師は虫歯になった部分を大きく削ります。すき間のない詰め物を作ればいいと信じてきた歯科医は、詰めやすい形に、虫歯周辺を大きく削ります。ここに大きな問題が起こります。

虫歯でない健康な歯質までも大きく削ってしまっているのです。大きく削った部分に詰め物をするわけですが、ここにも問題があります。口の中には肉眼では見ることのできない、無数のばい菌が存在しています。詰め物をする際に、そのまま削った部分にフタをしてしまった場合、いったいどうなると思われますでしょうか?

答えは簡単、ばい菌も一緒にフタをしているのでまた同じところが虫歯になってしまうというわけです。それが何度も同じところが虫歯になる、理由です。

一度虫歯になってしまい、歯を大きく削っていますので、今度虫歯になった時はいったいどこを削るというのでしょう。こんな治療を続けているうちにたった一つの大切なご自分の歯は完全になくなってしまいます。

ご自分の歯がなくなったら、一体どうなるでしょう?最後は入れ歯になってしまうのです。最近はインプラント(人工歯根)もあるから大丈夫・・とお考えの患者様のいらっしゃいますが、インプラントはご自分の骨(歯を支えている歯槽骨)がしっかりある方にのみ、治療を行うことができます。つまり、歯周病や虫歯で歯の骨まで溶けている患者様にはインプラントを行うことはできないのです。

どんなに技術が進歩したとしてもご自分の歯に勝るものは決してありません。どうして安易に歯を削ってはいけないか、ご理解頂ければこんなに嬉しいことはありません。

歯科の治療は最初の診断が全てだと私は思っています。



診断が変われば治療は変わります。

最初に歯を抜くべきか、削るべきか、きちんと診断を行っていれば、生涯ご自分の歯を守ることは決して不可能ではありません。

丸山歯科医院に来られた患者様には、もし虫歯があっても
「小さい虫歯ですのでこのまま進行を進ませないようにし、様子を見ましょう」
とお伝えすることがあります。
本当に小さな虫歯であればこれ以上虫歯が進行しないよう処置をし、削ることを先延ばしにした方がいい場合もあります。当クリニックでは、安易に歯を削ることは行っておりません。

また当クリニックでは必要があって歯を削らなくてはならなくなってしまった時でも、最小限の切削量ですむように、最も歯が削れる高速タービン(歯医者さんおなじみのキーンと音がする切削器具)の使用を最小限に抑え、薬剤や超音波や歯に優しい切削器具を用い、最後は手用の器具で丁寧に仕上げをします。これにより最小限の切削で取り残しのない完全な虫歯の除去が出来るのです。

虫歯の進行具合や、ご自分の歯がどれくらい削られたのかが分からない治療は決して患者様に親切な治療とは言えないのではないでしょうか。

当クリニックでは何年かして、
「こんなことならもっと早くに教えてくれていればよかったのに・・」
ということのないよう出来るだけご自分の歯を残すことのできる治療を心がけています。


精密入れ歯

目立たない入れ歯

インプラント

インプラント+入れ歯

歯周病・歯槽膿漏

虫歯の治療

妊娠中の歯科治療

小児外科

口腔外科

インビザライン

審美歯科

ホワイトニング

歯のクリーニング

マウスガード・マウスピース

訪問診療