駒込 丸山歯科医院
トップページ最新のお知らせコンセプト診療内容クリニック案内スタッフ紹介アクセス

抜かない治療


歯の保存を前提とした(抜かない・削らない)治療

当院では、保存治療(虫歯治療や根管治療や歯周治療)をメインに、極力、歯の保存を前提とした治療を組み立て、多くの実績を誇っております。


『虫歯治療』

虫歯治療に関してはできるだけ歯を削らないで治療する事(MI治療:Minimum Intervention:最小限の干渉)を大切にしております。

多くの方が歯科医院で虫歯の治療を受けられた経験があると思いますが、その際に削られた歯が予想以上小さくなってしまったと感じた事はありませんか?従来の虫歯治療では虫歯の取り残しを防ぐために歯の正常な部分まで削ったり、銀歯などの詰め物や被せ物を取り付けるために必要以上に多く歯を削ってしまっていたのです。

また、虫歯で歯を削って詰めた所から、再び虫歯が再発した経験がある方がたくさんおられるのではないでしょうか?
実は一度削って詰め物をすると、詰め物と歯との境目から虫歯が再発するリスクが高くなってしまいます。

再発した虫歯を治療するには以前より深く削る必要があり、歯の神経を痛めやすく、結果としていずれは神経を抜かなくてはならなくなり、歯がもろくなって割れやすくなり最終的には歯を抜く事に繋がってしまうのです。

歯は皮膚などと異なり、失ってしまった部分が再生する事はありません。歯科治療はその失われた部分を人工の材料で補っているのすぎないのです。天然の歯に勝る物はありません。
当院では歯を長く使っていただくために、ご自身の健康な歯をなるべく多く残し、将来、歯を抜く事が無い様に最善の努力をさせていただきます。


『歯周治療』

根管治療(根っこの治療)とは細菌に感染してしまった歯の神経(歯髄)やその内部の感染した歯質を器具や薬剤を用いて徹底的に除去し、細菌の繁殖を防ぐ薬を根っこの先までしっかり詰めることにより、歯の根の病気(根尖病巣)を治療、予防することです。

根っこの先に膿がたまってしまった場合(根尖病巣)や虫歯が歯の神経(歯髄)まで進行してしまった場合には、根っこの治療(根管治療)が必要になります。当院では細菌の繁殖を防ぐために治療器具の厳重な衛生管理のもと、治療中の感染を防ぐための『ラバーダム防湿』を行い、複雑の構造の根っこの中をしっかりと治療するために『マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)』を使用して根っこの治療を行います。


『根管治療(根っこの治療)』

歯槽膿漏(歯周病)は、歯肉の中にあって歯を支えている骨(歯槽骨)が減少してしまう病気です。支えを失った歯はやがて抜けてしまいます。

歯科医師であっても、レントゲン画像を見なければ気づかない場合もあるため、また、痛みなどの自覚症状がないため、気付かれずに進行するリスクが高いことが特徴です。ある程度進行すると、歯肉がやせる、下がる、などの症状があらわれ、食べ物がはさまりやすい、など生活にも支障をきたすようになります。

歯槽膿漏(歯周病)は初期段階であれば完全に治る事が知られています。

歯茎の周りに汚れがたまっている程度なら、数回の治療で治すことができますが、膿が出ている状態が何年も続いている場合は、治すことは難しいでしょう。何か違和感が生じた場合は、痛みがなくても歯科医院を受診することで、歯槽膿漏(歯周病)を予防することができます。

一度でも重度の歯槽膿漏(歯周病)になってしまうと、治療に何ヶ月も要し、最悪の場合、外科治療により、歯の根元にこびりついている歯石を手術によって取り除いたり、腫れて腐りかけている歯茎を除去して健康な歯茎を再生する手術をする場合もあります。


当クリニックでは他院で抜歯と宣告された歯でも、再検査、再治療により保存することが出来たケースが多数あります。

どうしても歯は抜きたくない方、抜歯してインプラントしかないと言われた方、どうか、当クリニックの専門の歯科医師にお気軽にご相談ください。
残せる可能性がある限り最善の方法を尽くさせていただきたいと思っております。


抜かない治療

精密入れ歯

目立たない入れ歯

インプラント

インプラント+入れ歯

歯周病・歯槽膿漏

虫歯の治療

妊娠中の歯科治療

小児外科

口腔外科

審美歯科

ノンメタル

ホワイトニング

予防歯科

歯のクリーニング

マウスガード・マウスピース

訪問診療